ここ数年、合宿免許に新しいサービスが登場して話題となっています。


その新しいサービスとは、合宿免許の最低価格保証サービスです。

最低価格保証サービスとは、企業が販売している商品やサービスを、別の企業がより安い価格で提供していることがわかった場合に、差額を割引したり返金するなどしてくれるサービスです。
家電量販店やスーパーなどで、「他店のほうが安い場合はチラシをお持ち下さい」などの張り紙がしてあることがありますが、これも最低価格保証サービスの一種と言えるでしょう。
合宿免許でもこの制度を採用する会社が登場して、人気となっています。

これにより、A社で合宿免許に申し込みをした後で、同じような条件のもっと安いところが見つかった場合、料金を安くしてもらうことができます。



誰しも、買物をしてしまった後で、もっと安く売っているお店を発見して悔しい思いをしたことがあるはずです。

合宿免許に関する情報をすばやく探せます。

そんな悔しい思いをすることがなくなるため、消費者にとってはたいへん喜ばしいことです。

この制度を利用するには、合宿免許を申し込んだ後で、同じ条件のパックが安く販売されていることを申告する必要があります。



インターネットのサイトのurlやチラシを写した画像、ホームページのキャプチャー画像などを送信して、料金が安いことを証明するシステムになっています。
注意点としては、自動車学校や入校日、食事などの条件が同じであり、なおかつ費用が安いパックが価格保証の対象となる点です。

同じ自動車学校を利用するパックであっても、入校日が違うと価格保証の対象とならないので注意しましょう。